病院受診はお早めに~体も心もお治しデキマス~

professional doctor

自立神経失調症の概要

自律神経失調症とは何か

health consulting

動悸や頭痛がひどいために病気ではと疑っても、異常なしと診断される場合があるものです。体には明らかに不調を感じているのに、診察しても異常がない場合には自律神経失調症と診断されることがあります。自立神経とは、活動をする交感神経と休む神経である副交感神経の二つがあります。人はこの交感神経と副交感神経をその時に応じて切り替わりながら働いているのです。自律神経失調症とは、この交感神経と副交感神経の働きがうまくいかずにバランスが乱れてしまい体の不調となることです。主な症状は、体の不調や痛み、気分の落ち込みなどになります。症状は一定せず出たり消えたりするため、痛みや不調も体のいろいろなところに出るため不安定なものとなります。

病気となる原因や治療法について

自律神経失調症とは正式な病名ではなく、また定義についてもはっきりと定まっていないのです。症状の表れ方も人によって違いがあるのです。自立神経失調症の原因は人によって違ってきますすが、主なものは生活の乱れやストレス、環境の変化などになります。女性の場合は、妊娠や出産、閉経など、女性ホルモンの影響によっても自律神経失調症になる人もいるのです。人によって症状も違うのでその治療についても、その人に合わせたものとなります。薬物療法やカウンセリングを受けることで改善することもあります。ストレスが原因であれば、ストレスをできるだけ避けるようにします。医師にとってみれば検査をしても異常がなければ、なんでも自立神経失調症と診断する場合があるのです。しかし、重い病気が隠れていることもありえるので治療をしても改善がみられない場合はもう一度検査をしてみることも大切となります。