病院受診はお早めに~体も心もお治しデキマス~

professional doctor

よく見られる症状

自律神経失調症の症状など

health consulting

体の調子が悪いので、病院に行って検査してもらったが、異常は見つからなったことはありませんか。もしかしたら自律神経失調症かもしれません。自律神経には二つの分類があります。活動をするときの神経を交感神経、休むときの神経を副交感神経というのです。必要に応じて自動的に切り替わって働きます。汗をかいたり、心臓を動かしたりと自分ではコントロールできません。自律神経失調症の身体的な症状には動悸やめまい、しびれや下痢のほか頭痛や微熱など風邪のようなものもあります。精神的な症状は憂鬱やイライラ、やる気が出なくなったり感情の起伏が激しくなったりです。自律神経失調症の原因も様々で生活習慣やストレス、遺伝も関係しているといいます。

自分でできる対策とは

自律神経失調症と病院で分かったら、薬を処方してもらうといいでしょう。またカウンセリングも同時に行うといいです。自律神経失調症は、一人一人症状の出方も違うので自分に合った方法を検討します。自分でできる対策としては生活習慣を整えることから始めましょう。生活のリズムが乱れると自律神経の切り替えが上手くいきません。起きる時間や寝る時間をなるべく同じにするといいでしょう。食事はビタミンやミネラルなどを多く摂ったほうがいいです。運動は日頃の生活の中に取り入れることから始めましょう。テレビを見ながらのストレッチなどがおすすめです。一番重要なのはストレス解消になります。趣味の時間を作ったり、アロマテラピーでリラックスしましょう。